「連射装置を作る①」に訂正を追記(09/11)

VRがやってきた!(OculusGo)

ついにVRデビュー

ロボット関係やxR(VR/AR/MR)関係はとても流れが速く、次から次へと新しい技術が開発されるので、ニュースサイトなどで見かけるたびに興味深くチェックしていました。

特にxRは「いつか自分も!」と思っていたものの実際にはなかなか手を出せずにいました。
それは値段の高さと、自分がどの程度楽しめるのかがわかっていなかったからだと思います。
VR酔いの心配もありますし。

そんな折、手頃な価格のOculus GoというHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が発売されたことを知ります。
低価格なだけあって位置トラッキング(体の動きも検出できる)はできないものの、実用的な使いやすさを備えているようでした。
Twitter界隈での評価も非常に高いようです。
その勢いに押されて注文してしまいました。

Oculus GoはVR用HMDです。
xRそれぞれの違いについてはこちらをどうぞ

注文から初期設定まで

  • STEP.1
    注文する
    amazon.comから購入しても日本に発送してもらえるようですが、公式サイトから購入するのが一番良いようです。送料無料!

    送料込で32GB:23800円/64GB:29800円。
    海外発送なのにこの値段なのはすごいですね。

  • STEP.2
    香港から発送される
    購入の際に漢字で入力した場合、適当に翻訳された住所・氏名で送り状が作成されてしまう罠があった模様。
    なかなか届かないどころか香港に送り返されてしまった方もいたようです。

    ぜひローマ字で入力しましょう。

  • STEP.3
    無事国内に入ってきた!
    ネット情報によるとFedExさんの荷物は、直接FedExさんが自宅まで配達するケースと日本郵便などの業務委託先が配達するケースがあるようです。

    FedExさんの場合、平日昼間(18:00まで)しか配達してもらえないという情報もあったため、税関通ったタイミングでFedExに電話しました。
    荷物の状況と配達業者(うちの場合は日本郵便)を確認。
    日本郵便の追跡番号も教えてもらえます。
    この時、日本郵便への引継ぎ事項(日時指定や郵便局受取りなど)を依頼することも可能です。
    帰りが遅くなってもゆうゆう窓口で受け取れるため近くの集配局で受け取ることにしました。

  • STEP.4
    日本郵便に引き継がれる
    「認可済み業者に委託」とあるこのタイミングで日本郵便さんに荷物が渡ったようです。
    ここから先は日本郵便のサイトで追跡します。


  • STEP.5
    受け取り!
    日本郵便のサイトで追跡し、近所の郵便局に届いたことを確認したら郵便局へ。
    追跡番号を伝えて品物を受け取ります。
    (不在票がなくても受け取り可能)


  • STEP.6
    初期設定
    スマホにoculusアプリをインストールし、そこから初期設定を行います。

    Mogura VRさんなどいくつかのサイトで予備知識をつけていたためOculus Goの設定で困ることはなかったのですが、、、wifi設定で詰まるという罠。。

    Oculus Goはルーターのらくらく設定ボタンには対応していないためパスワード入力で認証するのですが、ルーター記載のパスワードがなぜか通らない。。
    変更したままメモしてなかったのかな??
    結局一度ルーターを初期化して設定し直すことになりました。。
    ここで一番時間がかかりました(笑)

Oculus Goとはどんなもの?

エントリーモデルのHMD

PCやゲーム機と接続するハイエンドのタイプではなく、Galaxyスマホをセットして使うGearVRというモデルの進化版と捉えてよさそうです。
製造は中国のスマホメーカーXiaomiです。

特徴(良い点中心に)
  1. 3DoFトラッキング
  2. 頭の向きのトラッキングはできますが、上下左右前後への体の動きには対応できません

  3. 起動が早い!
  4. Androidベースなだけあって一瞬で起動します

  5. 配線不要
  6. 本体やスピーカーが内蔵されておりスタンドアロンで動作します。ケーブルが邪魔になることもありません

  7. 寝たままNetflix
  8. 固定バンドがゴムのため寝転がっても違和感ありません。向いている方向に画面を向けられます

  9. 大画面試聴できる
  10. 昔プロジェクターを買った時と同じくらいの衝撃です

  11. 動画観るのにオススメ
  12. VRゲーム機というより動画視聴端末として捉えると良いかもしれません

  13. ファンレスのため静か
  14. ただバッテリーはあまり持ちません

とても挑戦的な価格設定(安い!)ですし、良くできているなと感じます。
Netflixで2D映像を観ているだけでも、立体的に見えたりするんですよね。不思議。

次回はちょっと不満を感じている点も含めてご紹介しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です