スピンバイクを買った

スピンバイクを衝動買いした

運動不足はこれまでも気になっていましたし、
体幹の弱さからか姿勢が悪くなりがちで、首や肩の凝りがひどく何とかしたいと考えていました。

これまで筋トレやジョギングを始めたことはあったのですが、なかなか続かないんですよね。そもそも筋力がなさ過ぎて、運動を継続できてないという感じもしていて・・・

周囲からも、トランポリンをして腰椎を骨折した話を聞いたり、
ジョギングをしてひざを痛めた話を聞いたりして、
良かれと思って始めた運動でケガをするのもちょっとなあと考えたりしていました。

そんな年末のある日、ケガをしにくくて継続しやすいものは何かないかなーとネットで調べていた際、何をどうしたのかエアロバイク・スピンバイクの比較レビューサイトにたどり着きました。
そして「フムフム」と一通り読んだままの勢いでポチっと衝動買いしてしまったのです。

選択する上で抑えたポイントは以下の通り。

  • 摩擦式であること
  • 磁石式だと使用時間制限あり(発熱のため。大抵30分間)

  • ベルト駆動であること
  • チェーン駆動よりも静粛性に優れているようです

  • コスパに優れていること
  • 効果もわからないまま必要以上に高いものは買いたくないですし、安価過ぎて程度が悪くても廃棄に困るので。

買ったものはリーディングエッジ スピンバイクAeというモデルです。

参考 リーディングエッジ スピンバイクAeeSPORTS PayPayモール店

サドルでお尻が痛くなるというレビューも見かけるため、合わない場合はサドル交換をしてみるのもいいかもしれません。
自分は厚めのサドルカバーを付けてみました。

漕いでいる間の暇つぶし

さすがに黙々と漕いでいるだけでは飽きてしまいます。
特に疲れてくると「そろそろいいだろう」と早めに切り上げてしまいがちなんですよね。
そこで、何かをしながら漕ぐのがオススメです。

  • 音楽を聴きながら
  • オーディオブックも良いと思います。

  • 動画を観ながら
  • PCモニターが近いため、くるっとスピンバイクの方に向けて視聴しています。

  • タブレットを置いて
  • ハンドルにタブレットスタンドをちょうどいい具合に置けるので、タブレットを見ながら漕ぐこともあります。
    10インチタブレットを置いた場合、漕ぎながら小説を読むこともできます。

摩擦式のスピンバイクは、金属製のホイールにフェルトのブレーキ的なものを押し付ける摩擦で負荷をかけます。
有酸素運動はある程度時間をかけて行わないと効果がありませんので、40-60分程度継続できるくらいの負荷に抑え、回転数をできるだけ高めキープすることを心掛けて漕いでいます。

30分くらい漕ぐと身体全体がポカポカ温まってきてじんわりと汗ばんできます。

次回へ続く

せっかく買ったものですから置物にならないように、ただ運動をするだけではなくいろいろ楽しんでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です