Essential Phone交換した

Essential Phone(PH-1)

Essential Phone(PH-1)というスマートフォンをご存知でしょうか。
Essential社は「Androidの父」アンディ・ルービンがGoogle退社後に興した会社です。

2017年に発売されたEssential Phoneはハイエンドではないにしても十分なスペックのスマートフォンでした。

しかし発売当初は、タッチ感度の悪さとカメラ性能の悪さで評判が悪かったようです。
その後、以下の理由から2018年にTwitter界を中心に爆発的に(?)ヒット・・・したような印象があります。

  • アップデートでネガな部分を解決して十分使い物になるモデルとなった
  • 2018年に大幅に値下げされた
    ※Amazon.comで約$220-$250USD(定価は$699USD)
  • 当時は日本での取り扱いはなかったが、アップデートで技適に対応したため、日本でもSIMフリー端末として問題なく使用できた

docomoの主要LTE Bandが利用でき、auのVoLTEも使えるらしいです(未検証)。
自分もAmazon.comから$249.99USDで購入してdocomo系のNVMOで使用しています。
安い時期に購入できたのでとてもコスパのよい買い物ができました。

個人的にEssential Phoneが良いと思う点は以下の通り。

  • Pure Androidのため余計なアプリが入っておらず、アップデートも頻繁に提供される
  • 十分なスペック
  • ほどよい価格
  • 割とカッコいい

以前ZTEの端末を使用していた時は、アップデートは全然提供されず、消せないアプリも入っていました。
自分には中華製端末よりもEssential Phoneの方が合っていると思います。

Essential Phoneの画面が割れる

気に入って使っていたEssential Phoneですが、ある日、固い地面に落下させてしまいました。
剥き出しで使用していたのにチタン製のボディはほぼ無傷!(すごい)
・・・しかし画面が割れてしまいました。。

対応する液晶がAliExpressにあるようですが・・・

iFixitでの修理難易度は最高の1。これは無理そうです。

お店に修理に出しても2万円オーバーとなりそうだったためどうしようかと思ったのですが、購入後1年以内だったら有料交換してくれるという情報を目にしたのでダメもとで連絡してみることにしました。
(この時点で2019/7/8。購入したのは2018/7/16なのでギリギリ1年以内!)

交換まで

STEP.1
連絡する
ひとまずEssential社のフォームから以下を伝えました。
・Essential Phoneの画面が割れた。電源ボタンの効きも悪い。
・amazon.comから購入した(購入日は2018/7/16)
STEP.2
交換サービスを利用する
有料交換サービスを利用するか確認があったため、利用する旨を伝える。
必要な情報をメールする。
S/N、購入した際の情報、端末の写真など。

STEP.3
配送
こちらの端末を送る前に、あちらからいきなり端末を送ってくれます。
まず交換費用($199USD)と送料に加えて$200USDが取られ、端末を返送すると$200USDが戻るシステム。
交換端末が届くまで手元の端末が使用できるため、利用できるスマホがない!なんてことにもならず助かります。


STEP.4
受け取り
送料を抑えるためEconomy便にしたため、8日ほどで到着。
(配送時不在だったのですが夜間再配達はできないとのことだったため、実際にはこの2日後に営業所で受け取りました)


STEP.5
返送
データ移行できたら返送します。

海外への発送はしたことがなかったのですが、INVOICE(送り状)など必要書類のリンクはEssential社がメールで送ってくれるため、それらを印刷しサインしてFedexの営業所に持ち込むだけでした。
集荷はタイミングが合いそうになかったのと、待つのが面倒だったので直接Fedexの営業所に持ち込んでしまいました。

また画面を割ってしまうことのないように気を付けて使い、開発中と噂のEssential Phone2を待とうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です